運営方針

★居場所として。
子供たちが心地よく過ごせるよう、室内でのんびり過ごしたり、公園で思い切り体を動かしたり、「ひとりひとり」の個性を大切にして支援をします。

★療育の場として。
ご本人、ご家族と一緒に「何を大切に育むか」を考え、個別支援計画を作成し、保育士、作業療法士がチームで子ども達の成長をサポートします。

支援内容

★児童発達支援
 ・日常生活における基本的な動作の指導
 ・知識、技能の獲得
 ・手段生活への適応

★放課後等デイサービス
 ・自立した日常生活を営むために必要な訓練
 ・製作活動、作業活動
 ・余暇の提供

1日のスケジュール

【児童発達支援】

9:00~ 1日の準備、自由あそび、健康観察など
10:15~ 朝の会
10:40~ 午前の活動(小集団での、音楽・製作・感覚あそびなど)
11:45~ 昼食
12:30~ 休憩・自由あそび
13:30~ 午後の活動
14:15~ おわりの会

活動

児童発達支援のお友達はお家の方の送迎をお願いしています。

放課後等デイサービスのお友達は学校のお迎えは行きますが、帰りはお家の方のお迎えを敢えてお願いしています。

その日の様子をお家の方に直接お話しして、安心していただきたいからです。

利用時間・定員

【児童発達支援】
 月曜日~金曜日
 9:00 ~ 15:00
 定員10名


【放課後等デイサービス】
 月曜日~金曜日
 長期休暇中や代休など・・・・ 9:00 ~ 17:30
 その他・・・・ 学校終了後 ~ 17:30
 定員10名

個性を大切にしながらの療育

 障害のある児童の発達支援や療育的活動(遊び・運動)を通したプログラムを計画的に提供することで、日常生活における基本的な動作の習得や集団生活への適応訓練を行います。

 4月からは、作業療法士渡邊先生に個別指導をお願いすることになりました。

 個々のライフステージに合わせた個別指導がお願いできます。

【渡邊先生からひとこと】
 「あるてあにいったら、こんなことができるようになった」「今度はこういうことが出来るようになりたい」と、おうちにかたに喜んでいただき、一緒にこどもの成長を見守っていきたいと思います。

Copyright(c) 2016 株式会社 ALTHEA All Rights Reserved.